インプラントには適した年齢とケースがある

治療法を考える前に

インプラントは誰でも、どんな状態でも治療が受けられるとは限りません。治療を検討する前に、自分が治療に適しているか知っておくと、治療法を決めるうえで役立つでしょう。宮崎で歯の悩みがある人は見ておくといいですね。

インプラントには適した年齢とケースがある

歯科インプラント

治療に適した年齢

インプラントは一般的に20~70歳の間に行います。他の年齢だとできないわけではないのですが、10代だと永久歯が生え揃ってからも、アゴの骨が成長する可能性があります。そのため、インプラントを埋め込むと歯並びに影響を及ぼすかもしれません。

高齢者が治療する場合

手術を受けられる健康状態であれば、治療を受けることは可能です。しかし、過去に病気にかかった経験があると、治療に制限がかかることもあります。既往歴や現在かかっている病気、服用中の薬について歯医者さんと相談してみましょう。

治療に適したケース

歯を失ったからと言って、インプラントが最適な治療方法とは限りません。事故やケガで失った場合はもちろん適していますが、他にも総義歯が合わなかったり、歯が奥から抜けていくケースにもおすすめです。