【インプラント治療をする前に】金属アレルギーの不安があるなら

【インプラント治療をする前に】金属アレルギーの不安があるなら

インプラント

金属アレルギーの起こる可能性

インプラント治療で使われる、歯根の役割を持つ部品は金属が使われています。そのため、金属アレルギーを心配するでしょう。生体親和性に優れているチタンを使うのが多いですが、チタンにアレルギー反応を起こす人もいます。

金属アレルギーはなぜ起こるのか

金属を身につけていたりすると、汗などで金属イオンが体内に溶け出すことがあります。その時にタンパク質と金属が結合し、身体の免疫機能が働きます。金属アレルギーの人は、この免疫反応が過剰に起こっているのです。

インプラントで使用する金属

歯根の役割をする部品、人工歯を取り付けるための部品に金属が使われています。医療用の純チタンを使っているのですが、アレルギーを起こしにくい金属と言われています。空気に触れたときに酸化チタンの膜ができるので、金属イオンが溶けださないという性質を持っています。

金属アレルギーが心配なら

金属アレルギーの心配や不安があるなら、病院でアレルギー検査をしてみるといいでしょう。簡単な検査で金属アレルギーがあるか判断できます。東京にも検査できる病院がたくさんあるので、まずは検査しに行きましょう。また、病院によっては、アレルギーの心配がないインプラントを使う所もあります。